Q&A02

手作り(オリジナル)結婚式は可能なの?誰に(どこに)頼んだらいいの??

現在、どこの会場も「オリジナルウエディング」と謳っていますね。

そもそもオリジナルって何なのでしょうか。

私が考えるオリジナルの定義は【私たちらしさ】です。
そしてこの、「私たちらしい結婚式が叶うこと」を基準に会場えらびをされる方が多いですね。

最近では、『アイテムの選択が自由なのがオリジナルウエディング』と考える方も多いようです。

アイテムとは、衣装や装花、ペーパーアイテムや引出物等々です。

そこを「持込不可」として、オリジナルを阻止する会場のオリジナルって何なのでしょうか。

きっと、『演出』になるかと思います。
その会場の特性を活かした演出のことですね。
派手な余興ができる・・や、景色が見える・・といった、他会場との違いであり、その会場の特徴のことです。

演出で私たちらしさを叶える「オリジナルウエディング」と、

アイテムを自由に選択することで私たちらしさを叶える「オリジナルウエディング」。

そのどちらにもメリット・デメリットがあります。

そのどちらも加味したうえで、
おふたりにとっての【オリジナル】を見つけてほしいと思います。

ところが、会場を選ぶ最中にも、考え方が変わってくる場合があります。
それは「ヒト」との出会いです。

最終的に「ヒト」で会場を選ぶことも少なくありません。

なぜなら、オリジナル(私たちらしさ)を一生懸命考えるより
もっと考えて欲しいことがあるからです。

結婚式の準備って、言い換えれば今までの人生を振り返ることになります。

と同時に、今までより、周りに感謝する心が生まれます。
その集大成が結婚式です。

そんな、当たり前だけど大切なことまで教えてくれる人に出会うことや、
「私たちの結婚式をお任せしたい!」と思える人を探すのが、
本当の会場選びなのかもしれませんね。

そうなると、オリジナルを追求するよりも「心を込めた結婚式」に行きつき、
結果的に想像を超える感動の一日が生まれます。

それが「私たちらしい」=「オリジナル」となる場合があります。

私の経験上、ほとんどがそうでした。
お二人のこれまでの人生に、真剣に寄り添った結果だと思っています。

これから結婚式をご検討される方々もオリジナルにこだわり過ぎて足元が見えていない・・・
なんて事にならないよう、気をつけてもらいたいですね。

お二人の結婚式自体、この世にふたつとないので
言ってしまえば誰もが「オリジナルウエディング」ですものね。

一覧に戻る